100%くまもと生まれ
油職人も褒めた!!

ひまわりオイルができるまで


丁寧に手作業、手間を惜しまずに自然な方法で。

6月~7月:
ハイオレイック種のひまわりの種まき
休耕地(耕作されていない畑)に種まき。発酵たい肥など以外の化学な肥料はまかない。除草剤も使用しない。
7月~9月
開花、開花まではほとんど何もせず、開花の後も茶色く枯れるまでそのまま放置する。自然の力で!太陽の光を長く浴びる時期に育てることで、オレイン酸値が増す。
9月~10月
収穫、ハサミやかまを使い、一輪ずつ花を収穫する。収穫の後は花が腐ってしまうので、早めに種出しをする。種出しは汎用コンバインで脱穀、または手で網を使って取り出しもする。

9月~11月
収穫した種子は、乾燥機にかける。乾燥させたあとに、「とおみ」という機械に3度通し、風でごみを分別して飛ばして、きれいにする。更にシニアのボランティアさんが、目視で大きいゴミや悪い種を取り除く。しばらく、更に乾燥を続けて水分率が落ちたところで、搾油に出す

10月~11月
ヒマワリ種子を種子焙煎機にかけてロースト。スクリュー式の搾油機で搾ったのが高温搾りのひまわりオイル。70度の湯通しをしたあとに、スクリュー式で搾ったのが、低温しぼりのひまわりオイルになる

その後はフィルターで濾して、ろ過作業をじっくり時間をかけてする。
 
できあがったオイルは手作業で1本1本瓶詰めをして、その際に目で出来上がりを確認する。手作業でシールを貼って完成。
9月~10月
収穫、ハサミやかまを使い、一輪ずつ花を収穫する。収穫の後は花が腐ってしまうので、早めに種出しをする。種出しは汎用コンバインで脱穀、または手で網を使って取り出しもする。
安心・安全で体にいいものを追求しました

1.熊本県産のひまわり油100%使用
栽培期間中農薬・化学肥料不使用の安心安全なひまわりを使用しています。

2.オレイン酸90%
油は身体に悪いとまだ思っていませんか?

オメガ9系に属する脂肪酸のオレイン酸は、善玉コレステロールを減らすことなく悪玉コレステロールを抑制。
さらに血流を改善し、脳の働きが活発に老化防止に役立つと言われています。
便秘解消にも効果期待されます。

3.食品添加物 不使用
スクリュータイプの搾り機で搾油、種皮のポリフェノールが混入し香ばしい油に。
薬品を使用していないので安心して食べられます。

ひまわりオイル購入はこちら⇒

お気軽にお問合せください

販売者:(農)(株)ひまわり 
オイルマーケット部
お陽さま畑(担当:戸田 祐子)

☎ 070-4117-2410  
87koshi@gmail.com

※業務用もお取り扱いしています。
070-4117-2410